COLUMN コラム

マスクの着用が重要な今だからこそ除菌・抗菌スプレーが欠かせない

2021.03.12
キントル除菌マスクスプレー

昨年末、全国各地で新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な問題を引き起こし、今まで当たり前だった生活様式が一変する事態になりました。

人混みを避けて他人と接する距離を空ける、人の出入りが激しい場所は何度も消毒を行う、屋内では頻繁に空気を入れ替えて感染リスクを抑えるなど、除菌やウイルス除去に対する意識が一層高まっています。

その中で新型コロナウイルスの流行をきっかけに生まれた大きな変化の1つに「マスクの着用」が挙げられます。

電車に乗るときや買い物に行くとき、仕事に出かけるときにはマスクが欠かせない状況です。

マスクは口や鼻から出る飛沫物を拡散させない、また逆に微量な有害物質の吸引を避ける目的で着用されます。

しかし、長時間マスクを着けているとニオイで不快な思いをする方も多いのではないでしょうか。

そこでウイルス対策とマスクのニオイ対策どちらのニーズにもお応えする【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌マスクスプレー】は開発されました。

マスクの着用は感染を防ぐ手段

マスクを持つ女性の手

街中を歩くビジネスパーソン、主婦や子どもたち、多くの方が不織布マスクや布マスクを着用しています。

店頭で販売される製品では材質、サイズ、カラーリングなどに細かな違いがあるものの、くしゃみや咳で周囲に有害物質を拡散させないためにはマスクの着用が求められます。

以前からマスクは風邪やインフルエンザに感染している時、周囲に悪影響を与えないために用いられるものとして認知されていました。

しかし、冒頭でもお伝えしたように、現在新型コロナウイルス感染拡大を防ぐアイテムとしてマスクは欠かせないものとなっています。

口腔から吐き出された有害物質は肉眼で視認できないだけで時間の経過とともに消滅するわけではなく、しばらくの間、大気中に漂い続けます。

そして、風の勢いに乗って周囲に拡大して呼吸と一緒に吸収されたり、手が触れる身近な物の表面に付着して雑菌が繁殖するわけです。

自身はもちろん、周囲にいる人々の感染リスクを高める恐れがあるため、安心安全な生活を送るならマスクの着用は必須となるでしょう。

マスクを着用し続けることで生じる問題

マスクに付着したウイルス

マスクは身を守る際に必要な物だと分かっていても、何時間も身に着けていれば複数の問題が生じてきます。

マスク着用し続けることにより生じる問題をお伝えしていきます。

➀ マスクの外側にウイルスや菌が付着する

外出時など、マスクの外側にはウイルスや菌が付着しています。

マスクに付着しているウイルスや菌が手に付き、その手で目や口に触れる事で感染する恐れがあります。

マスクの外側はふとした時に触っているケースもあるので、注意が必要です。

➁ 長時間の着用で不快なニオイが発生する

数十分~数時間の公共交通機関での移動、人が集まる職場やお店ではマスクを外す機会がそもそも少ないため、気になってくるのがニオイの問題です。

マスクの中は高温多湿な状態であり、感染防止を意識するがゆえに細菌が繁殖しやすくなります。

唾液の臭いがマスクに付着したり、口腔内の細菌による口臭などからもニオイは発生し、マスク着用の妨げとなるケースも多いでしょう。

そのほかにも、不衛生な環境下でマスクを身に着けておくと、空気中の雑菌が大量に付着して繁殖し、マスクそのものが臭くなる可能性もあります。

③ 慣れないマスクで息苦しさを感じる

マスクの着用で呼吸がしづらくなり苦しい、“こもった”空気が暑苦しいなどの声も珍しくありません。

特に、呼吸器系が弱い方だとマスクの着用自体が困難になる場合もあります。

➃ 着用することでかゆみが出る

敏感肌やアトピーの方で気になるのが、マスクの着用による肌荒れやかゆみです。

いくら有害物質を寄せ付けないためとはいえ、何時間も着けていれば耳にかける紐の締め付けが痕に残ったり、口・鼻周りがかゆくなることがあります。

マスクを清潔な状態にするなら除菌・抗菌スプレーを

マスクに除菌スプレーをする女性の手

マスクの長時間使用で生じる問題点を大きく4つに分けてご紹介しました。

これらの問題を避けるには、やはりマスクそのものを清潔な状態にするべきでしょう。

そこでおすすめなのが除菌・抗菌スプレーです。

除菌・抗菌スプレーと聞くと、お部屋の中や身の回りの物に対して使用する製品をイメージされるかと思います。

ですが、除菌・抗菌スプレーの製品の中にはマスクへの使用を推奨しているスプレーも存在しており、気になるニオイや不快感を抑えることができます。

「PHMB」を含む第3世代の除菌・抗菌スプレー【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌スプレー】

スマートフォンにキントル除菌・抗菌スプレーを吹きかける手

これまでの除菌スプレーはエタノール成分のみの製品、アルコール配合除菌用の製品と分かれていましたが、近年ではウイルス対策の研究でさまざまな除菌成分が開発されています。

乾燥する冬場で猛威を振るいやすいインフルエンザウイルス、ノロウイルスといった人体に甚大なダメージを与える凶悪なウイルスを排除するために効果的なのが、「第3世代」と括られる除菌スプレーです。

抜群の除菌・抗菌の性能を発揮する「PHMB」を含んだ【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌スプレー】は、アルコール・塩素系とは異なる成分で、無臭・無刺激で安全に使用できます。

PHMBは揮発性の無い成分なので水気がある場所でも長時間の除菌・抗菌作用を発揮するという特徴を持っています。

マスクには【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌マスクスプレー】を

キントル除菌・抗菌マスクスプレー

マスクに付着するウイルス除去やマスクの不快なニオイをケアしたい方には【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌マスクスプレー】がおすすめです。

マスクの外側は頻繁に触れてしまう場所あり、外側の抗菌はとても重要となってきます。

【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌マスクスプレー】は、抗菌効果が1日持続し、除菌・抗菌効果は99.9%。

「ゆず」「レモングラス」「ユーカリグロブルス」「ラベンダー」の4つのフレーバーがあり、マスク以外にも枕や衣服などへ噴霧し香りを楽しむことも可能です。

まとめ

今回は、マスクを着用することで生じる問題、そしてその悩みを解決する除去・抗菌スプレーのご紹介をさせていただきました。

普段の生活で欠かすことのできないマスク。

しかし、マスクの外側にはウイルスが付着しており、マスクの外側に触れた手で目や口に触れて感染する恐れもあります。

また、長時間の着用で不快なニオイに悩む方も多いはずです。

第3世代の除菌成分「PHMB」を原料に天然精油を配合した【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌マスクスプレー】は新しい生活様式にマッチします。

マスク着用の長期化におけるアイテムとしてぜひご利用ください。

いつもの生活にプラスして安心・安全で快適な生活を 除菌・抗菌/マスクスプレー KINTOL?