COLUMN コラム

ウイルスの除菌・抗菌に【KINTOL™(キントル)スプレー】がおすすめ

2021.01.29
KINTOL除菌スプレー

除菌スプレーは衣服や物に付着した目に見えないウイルス・細菌などの有害物質を除去してくれる物であり、各メーカーで販売される製品によって効果は異なります。

近年は新型コロナウイルスの全国的な感染拡大に伴い、さまざまな除菌・抗菌製品が市場に出ておりますが、安心安全で快適な生活を送りたい方なら効果が保証されている優れた除菌スプレーを選びたいことでしょう。

とはいえ、スーパーやドラッグストアで販売される数多くの除菌スプレーを比較しても、一見、どの製品がウイルス・細菌対策でおすすめなのか判断しにくいものです。

そこで、除菌スプレー選びにお悩みの方にご紹介したいのが、【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌スプレー】です。

【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌スプレー】を日常のお掃除に取り入れれば、より清潔度の高い住環境へ導かれるでしょう。

「除菌」と「抗菌」について

除菌スプレーのパッケージには「除菌」「抗菌」という単語が記載されていますが、それぞれの違いが実はよく分からないという方も多いでしょう。

どちらも“菌”、つまり人体や生活の環境に悪影響を及ぼす物質に対して効果を発揮してくれることは分かるものの、除菌スプレーを選ぶ際にその違いが不明確な状態だと、正しい商品選びがしづらくなってしまうかもしれません。

以下で除菌と抗菌の細かな違いをお話ししていきましょう。

そもそも「除菌」と「抗菌」の違いとは?

まず除菌についてですが、こちらは「菌を取り除く効果」を意味します。

似た言葉に殺菌や滅菌がありますが、除菌は生活空間に漂う菌類の死滅に特化しているわけではなく、菌の数を減らす効果を持っているのです。

そして抗菌の場合は「菌を寄せ付けない効果」であり、人やペットが触れるような場所に有害物質が溜まらないための防衛機能と捉えて差し支えありません。

ウイルスや菌が付着してしまうと時間の経過とともに繁殖していき、汚れの発生や病気・アレルギーを誘発させる可能性が高まっていくため、感染防止対策として抗菌は欠かせないでしょう。

除菌スプレー・除菌剤は、内容成分によって使用目的や対象物が変わっていきますが、衛生的な生活を実現したいなら除菌と抗菌2つの効果が高い製品に注目するといいでしょう。

除菌・抗菌に優れている【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌スプレー】

ウイルスや細菌に悩まされない快適な生活環境にするためには、【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌スプレー】がおすすめです。

【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌スプレー】は国産原料・国内製造の除菌スプレーであり、一般で販売されている除菌スプレーに比べ、強力な除菌・抗菌・抗ウイルス機能を持っています。

よく見かける除菌スプレーですと、アルコールや塩素系(次亜塩素酸ナトリウム)を主成分とした製品がお馴染みですが、【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌スプレー】は“第3世代除菌成分”の「PHMB(ポリへキサメチレンビグアナイド)」を使用。

PHMBは人体や物への刺激や影響大幅に抑えた成分であり、より安心安全に使えます。

食品加工工場での機器、コンタクトレンズの保存液、ウェットティッシュなど、他の除菌・抗菌成分より幅広い用途で古くからPHMB使用されている実績があります。

世界規模で認められている【PHMB】

【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌スプレー】が安全な除菌スプレーでも、他の製品より効果が薄いのでは?と思うかもしれませんが、アルコールや塩素系より毒性を抑えつつ、それと同等以上の除菌・抗菌性能を持っているのが【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌スプレー】の強みです。

【PHMB】の優れた品質はさまざまな場所で認められており、製造される日本国内のみならず、工業用除菌剤として世界30ヶ国以上(北米・EU・中国・韓国・フィリピンなど)で使用実績があるため、ウイルスや細菌に対する有効性と信頼は極めて高いといえるでしょう。

天然物食品素材由来の高い抗ウイルス性能

【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌スプレー】の特長はPHMBによる優れた除菌効果だけではありません。

【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌スプレー】にはPHMB以外にも藻類由来の「コッコミクサ」を配合しています。

コッコミクサは国内での度重なる研究でウイルスに対する有効性を示しており、インフルエンザウイルス、ヘルペスウイルス、ノロウイルスといった有害なウイルス類を寄せ付けない、優れた抗ウイルス活性が報告されているのです。

PHMB・コッコミクサを配合した【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌スプレー】ならば、身の回りの清潔度を上げて快適な住環境を実現しやすくなります。

【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌スプレー】を使うことで得られるメリット

ここからは【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌スプレー】を使用することで得られるメリットをご紹介します。

➀ 毒性の強いウイルスに効果抜群

他の除菌スプレーよりも【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌スプレー】が特に優れている点は、PHMBとコッコミクサによる除菌・抗菌の高い効果です。

➁ 無臭なので薬剤の臭いが気にならない

アルコールや塩素系、特に次亜塩素酸ナトリウムを主成分とした除菌スプレー・除菌剤は、噴霧して拭き取った後も薬剤の臭いが気になるものです。

人間より優れた嗅覚を持つ犬などのペットを飼っていますと、薬剤の臭いで体調を崩したり、誤飲による死亡事故なども考えられるでしょう。

しかし、【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌スプレー】は強力な除菌・抗菌効果を持っていながら無臭という特徴を持っています。

玄関やリビングといった人の出入りが激しく、不特定多数の人が集まりやすい環境下で「薬剤の気になる臭いを溜めたくない」と考える方も多くいらっしゃるはずです。

しかし、PHMBとコッコミクサを含む【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌スプレー】は目や鼻、皮膚への刺激も少なく、小さなお子様やペットのいる環境でも安心して使用いただけるでしょう。

➂ 除菌や抗菌の持続力が高め

ウイルスや細菌の除去に効果がある薬品の中には、特定の条件ですぐに除菌・抗菌の効果が薄れてしまうものがあります。

たとえば、一般的に広く使用されるアルコール除菌剤ですと、エタノール濃度が高めならば即効性のある除菌効果を期待できますが、水に交じることで肝心の濃度が下がってしまいます。

そうなると、ウイルスや細菌に有効な濃度に届かずすぐに揮発してしまうため、十分な除菌を行えなくなるでしょう。

また、アルコール系ですとエタノール濃度が高い製品は、消防法の制限によって市販される物に限りがあり、使用時も引火の恐れを考慮しなくてはなりません。

ですが、浴場やレジャー施設などでも使用される【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌スプレー】は、120℃の温水でも安定した効果を発揮し、有機物(汗や脂など)が付着した固定物表面でも除菌・抗菌力に影響がないのです。

➃  物を傷める心配も少ない

アルコールや次亜塩素系の除菌剤は物品によって深刻なダメージを生じる場合もあります。

除菌スプレーの主成分によっては金属類への腐食、衣服の脱色、生地の水染みなどを引き起こす可能性も十分考えられます。

【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌スプレー】は工場の施設設備や金属類、衣服に対してダメージを与えることはなく、主成分が物を破損する心配はありません。

まとめ

除菌・抗菌効果の高さをアピールする除菌スプレーは数々販売されていますが、今回ご紹介した【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌スプレー】は、様々な用途で安全性や性能を評価されている国産の除菌スプレーです。

昨今問題になっている新型コロナウイルスの影響で、感染予防のために日々の清掃やうがい・手洗いが欠かせない状態になっていますが、【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌スプレー】なら甚大な症状を引き起こす各種ウイルス、菌類を除去して安全な環境に導いてくれるでしょう。

使いやすくて臭いも気にならず、除菌・抗菌の性能が良い除菌スプレーをお求めなら、【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌スプレー】の購入をぜひご検討ください。


こちらの記事でも 【KINTOL™(キントル)除菌・抗菌スプレー】 が紹介されました。

おすすめ除菌スプレーランキング|用途に合わせたスプレーの選び方も解説

いつもの生活にプラスして安心・安全で快適な生活を 除菌・抗菌/マスクスプレー KINTOL?